常盤化工株式会社

常盤化工はパッケージを通して
東北の食文化の発展に貢献します。

軟包装グラビア印刷及びパッケージに関する総合企画

《事業内容》

  1. 各種プラスチックフィルム製品の自社工場設備による加工
    (グラビア印刷~ラミネート~スリット~製袋)
  2. 紙箱・トレイ容器・ラベル・など関連包装資材販売
  3. POP・パンフレット・ホームページなど各種販促製品・紙印刷物
  4. 自動包装機など関連包装機器の販売及び包装ライン提案・販売
  5. 各種梱包資材ほか工場消耗品 販売

新着情報・お知らせ

《仕事内容》

企画営業

お得意先の「商品パッケージ」や「包装用品」また「販売促進用品」など、多岐にわたって顧客の課題や問題点に対する解決案としてサービスや製品を提案していく営業活動をして受注をします。

総務

会社の動きを全て掌握するような役割の仕事です。社内の働く人たちと会社との窓口としてや社外との対外的な窓口として、また、いろいろな社内ルールの取りまとめ役としての役割を担います。

製造部

お得意先から受注した製品を製造する部門です。軟包装グラビア印刷機やドライラミネーター他、いろいろな加工ができる各種の加工機械を設備しており、それらを駆使して製造しています。工場内の衛生管理を徹底して、得意先に安心・安全な製品を納めます。

営業内勤

企画営業と得意先情報を共有することでお得意先からの受注や仕入先への発注を通して、お得意先との窓口として営業活動のスタッフ業務を担います。専門知識は企画営業と同等に必要です。

デザイン室

お得意先の商品パッケージや販売のために必要とする印刷物などのデザインの企画、制作をします。要望のあったパッケージデザインはもとより、本物に近づけたプレゼン用ダミーの作成や、プレゼンテーションも担います。

包装機械

お得意先では、商品の製造からパッケージ包装や流通のための梱包などいろいろな「機械」を使用しています。当社から納めた自動包装フィルムや軟包装袋が正常に使用されるように、得意先の包装機械をメンテナンスする役割を担っています。

『軟包装コンバーターの業界未来』

印刷産業は印刷製品の種類によって種々の印刷業に分類される。
「商業印刷」「出版印刷」「事務用印刷」「建装材印刷」「包装印刷」等々、更に「包装印刷」は「紙器」「包装紙」「軟包装」に分かれて『軟包装グラビア特殊印刷』が位置付けられる。「包装の特徴は“変化”」の言葉通り、パッケージ印刷も大きな変貌を遂げようとしている中でパッケージ印刷市場は堅実に成長していると言える。
パッケージ印刷は視覚に訴える販売促進や情報伝達手段としての役割を一層深化させていると同時に、製品メーカーと消費者との間の双方向コミュニケーションや安心・安全の伝達手段として、あるいは食品ロス削減や内容物の精度向上への新しい役割も注目されている。
そしてそれらは包装に求められている新しい役割に直結している。包装(パッケージ)を素材別に見ると、ガラス、金属、紙、プラスチックの中で最も成長著しいのがプラスチックであるが、これはPETボトルや食品トレーならびに硬質容器包装から急速に転換を遂げている「軟包装プラスチック」の成長によるところが大きい。「軟包装」は今や包装界の主役にキャスティングされたと言える。
店頭販売の商品パッケージには、単に作り手・売り手の立場から商品をアピールする手段としてだけではなく、店から消費者の自宅まで中身を守り、安心して持ち帰ることができる機能と製品メーカーが担保する消費期限、賞味期限を確実にすることが必要である。
このように、製品流通において、軟包装パッケージは益々機能性や製品メーカーと消費者双方のニーズに対応する新規技術に伴った新しい価値の創造が求められている。
当社は、流通に欠かせない「軟包装パッケージ」の分野で、包装に期待されている新しい変化に挑戦し続ける。

【コンバーティングとは何か】

『コンバーティング』とは広い意味での「フィルム・紙などの薄物材料の加工」を意味しています。
「グラビア印刷」「ドライラミネート」「スリット」「製袋」などの加工も含まれます。こうした加工を担う企業を「コンバーター」と称しています。『コンバーティング(converting)』は、アメリカで1900年前後に、紙加工、あるいは紙印刷後の後加工から発生した言葉ですが、日本では現在「プラスチックフィルム・シートや紙・板紙、アルミ箔、不織布、合成紙などの薄物基材に、コーティング、ラミネーティング、印刷、スリット、シーティングなどの加工を施し、更に進んだ形態にまで加工すること」と定義されています。
これらの加工を手掛ける企業は「コンバーター」と呼ばれています。

【パッケージ(容器包装)の役割とは何か】

コンバーターは、グラビア印刷を行い、その後、ラミネート、スリット、製袋加工を行い、パッケージ(包装容器):「軟包装容器」を製造しています。

「包装」とは、物品の輸送、保管、取引、使用などに当って、その価値及び状態を維持するための適切な材料、容器、それらに物品を収納する作業並びにそれらを施す技術又は施した状態と定義されます。

「容器」とは、物品又は包装物品を収納する入れ物の総称。つまり、食品や飲料、医薬品等を包装し、流通させる為の個装、内装、外装をパッケージ(包装容器)と呼びます。
パッケージの基本的な役割は、1)内容物の保護・保湿保全、2)流通の円滑化、消費の簡便性、3)情報提供の3つに大別されます。
内容物である食品等に対し、化学的、物理的、生物的な品質変化を可能的最小限にとどめる事が必要です。また、保管、輸送、貯蔵においての包装による食品の破壊、損傷を防ぎ、小分け包装することによって、流通の円滑化と消費に適する利便性が求められます。更に、内容物の品名や、製造年月日、製造者、使用方法の内容物に対する商品情報を持たせる事も重要な役割で有り、包装形態、色彩、デザインによる商品の外観を良好にし、意匠性を持たせる事も役割の1つとなっています。
現在、豊富で利便性の高い食品流通が出来ていますが、これもパッケージの革新的な進化によっ内容物が長期保管できる様になり、利便性の高い流通ができるようになった事によります。現在食文化を支える上で、パッケージは流通に欠かせないものとなっています。

↑ページの先頭へ